カードローンの良さと悪さ

カードローンのメリットもデメリットも理解して使うようにする

カードローンのメリットとデメリット

カードローンって実際どうなの、という疑問を持っている人やカードローンが気になっている人にとって、そのメリットやデメリットはとても重要です。後で後悔しないためにはデメリットもきちんと理解して検討をすべきです。

 

お金を借りる手段としては手軽さが優秀なカードローンも、使いすぎれば返済の負担も辛くなります。

 

カードローンは良い部分だけではない

 

カードローンのスピードについて

カードローンのメリットとして、すぐにお金を貸してくれるというのは大きいです。緊急でお金が必要になる場面というのは、予測がつきません。どうしても急ぎでお金を借りたいという時でも、カードローンなら迅速に借りられます。

 

デメリットとしては、早い分高額の融資には向かないという点があります。迅速対応のカードローンでは、数十万円程度までなら迅速に借りられても、100万円を超えてくると審査も長引いてきます。緊急時のちょっとした借入れではなく、多額のお金が必要になった時には、カードローン以外の選択肢も考えられます。

 

カードローンの審査について

カードローンの審査はそれ程厳しくはないと言われていて、これもメリットと考えられます。審査に通らなければお金を借りられませんが、カードローンは使い道が自由な割に、審査がそれ程厳しくありません。それは住宅ローンなどのように多額の借入を長期間返済していくスタイルではないからでしょう。

 

扱う金額が少ない分、貸付け側のリスクもそれだけ軽くなります。金利も目的別ローンと比べて高めですが、これも審査に通りやすい理由の1つです。

 

ただし、カードローンの審査は、他社の借入れ状況によっては非常に厳しくなるというデメリットがあります。すでに複数社で借入れをしている場合、新たな借入先として申込みをしても審査に通る確率は段々下がっていきます。

 

また、カードローンの審査では過去のクレジット契約やローン契約の内容も参考にされます。過去にカード払いの遅れがあったり、債務整理の経験があったりすると、これも審査を通すのが厳しくなります。

 

消費者金融であるとしても審査自体はしっかりと行われているので、早い審査と融資が可能となるプロミスで借りる場合においても、しっかりとした基準での審査となっています。審査に通過ができれば早い借入れも可能となりますが、審査に通過ができないことにはどうにもならないので注意が必要です。
詳しくはhttp://www.cardloan-prm.com/memo/shinsa.html

 

使い道が自由な点

カードローンでは直接お金を借入れできます。マイカーローンなどでは車の支払いはローン会社から直接行われるケースが多いので、使い道は強制的に限定されてしまいます。カードローンなら生活費の補填や車の修理費用、急な出張のための交通費など、様々な場面で役立ちます。

 

使い道が自由という点を考えると、本当に様々な人にとって役立つので、実際カードローンの利用者は幅広いです。若い人から年配者まで、男性も女性も利用しています。

 

ただし、使い道が自由とはいってもギャンブルで使いたいと申告すれば、恐らく審査には通らないでしょう。また、事業性資金など、一部禁止されている使い道もあるので注意が必要です。

 

基本は自由な使い道となるアコムのカードローンキャッシングにおいても、自由となるのは健全な消費性資金としての個人の利用に限られます。事業に使うお金の場合にはアコムならビジネスサポートローンの利用となるので、その際には店舗や無人契約機での相談を進めるようにしてください。

 

アコムの店舗情報に関してはhttp://xn--n8jp5090czncz47c.net/fukuoka/fukuoka.htmlに詳しく書かれているので、利用前に見ておくと良いでしょう。

 

繰り返し利用が可能な点

カードローンの場合、契約後は繰返し何度でも借入れや返済ができます。限度額の範囲内であれば繰返し好きなタイミングで借入れができるので、今後お金に困った時には手軽に助けてもらえます。

 

借入金額についても自由で、その時必要な分だけを借入れできます。これはカードローンの大きなメリットです。利息は借入れた分にしか発生しないからです。金利が高いというのはカードローンのデメリットとしてよく挙げられていますが、借入を抑えていれば利息はほとんどかかりません。

 

ただし、繰り返し借入れできるという点が人によってはデメリットとなります。いつでも簡単に借入れができるので、人によってはつい使い過ぎてしまいます。借入が多いとかかる利息も大きくなるので、返済の負担が大きい人もいます。

 

借入れを繰り返していると返済をしていても借入残高が大きいままなので、計画的に借入れを行うというのはとても重要です。