カードローンの良さと悪さ

カードローンのメリットもデメリットも理解して使うようにする

カードローンの返済額の目安

カードローンは支払いが大変というイメージが強いかもしれません。繰返し借入れが可能なカードローンでは、多額の借入をすると返済額も大きくなっていきます。実際いくら借りたらいくら位返済したらよいのかについて、消費者金融プロミスを例にとって説明します。

 

プロミスでは残高スライド元利定額返済方式を採用して返済額を決めています。借入をした時点での借入残高によって毎月の返済額が決まります。借入残高30万円以下の場合、最終の借入直後の残高の3.61%を毎月返済していきます。プロミスの返済額は1,000円未満を切り上げるので、返済額は切りのいい数字となります。多額の借入をした場合、30万円超100万円以下なら借入残高の2.53%、100万円超の借入なら借入残高の1.99%を返済していきます。

 

例えばプロミスで5万円借りた場合、3.61%は1,805円です。これを切り上げて、毎月2,000円返済していきます。少額の返済であれば、やはりそれ程多額の返済は求められません。

 

しかし借入額が50万円まで達すると、毎月の返済額も13,000円とちょっとした金額になります。ちなみに150万円まで借りてしまうと、毎月30,000円返済していかなければなりません。

 

やはり、カードローンで使い道には気を付けなくてはいけないというのは、本当のようです。

 

プロミスの返済で困ったことがあれば店舗での相談が有効となるので、店舗の設置がある地域を予め調べておくと良いでしょう。契約機とは違って店舗の設置数は決して多くはないので、申込み前にhttp://www.promise-kariru.com/saitama/saitama.htmlのプロミス店舗情報はしっかりと確認が必要です。